社会勉強のための投資(大学生19歳)

昨年の夏頃に楽天証券の口座を開設し、資産運用を始めました。それまでは投資というと危ない、損をする、というイメージを持っていましたが、今の時代は預貯金だけではどうすることもできないと考え、資産運用を始めました。また、私は大学生ということもあり、仮に失敗したとしても社会勉強になるから大丈夫だという思いがありました。実際にやってみて、日々変動する相場というのは本当に予想がつかなくて、面白さを実感しています。

初めは楽天証券で1回100円程度の投資信託の購入をしていました。当時は貯金がほとんどなかったこともあり、株の購入に回すお金がなかったからです。いつか株も買いたいなと思いアルバイトを続け、今年の8月に丸紅の株を100株買い、初めて株取引をしました。その時には1株660円くらいだったのですが、しばらくすると750円くらいまで上がり、そこで全て売ってしまいました。今であれば800円ほどまで上がっているので少し後悔していますが、株取引を体験できたので良かったと思います。

その後さまざまな本やブログで情報収集を行い、今は一つの銘柄に集中投資することの危険性を意識して、SBIネオモバイル証券を利用した分散投資を行っています。丸紅100 株とさほど変わらない金額で、20銘柄以上に分散できており、含み益もしっかり出ているので満足しています。単元株を購入するのは社会人になって種銭を増やしてから頑張りたいと思います。

仮想通貨はやったことがありません。理由としては、仮想通貨の投資で友人が約10万円を水の泡にしてしまったからです。2年ほど前に友人に仮想通貨を勧められました。この先絶対上がるからやったほうがいいと友人は言っていました。しかし、しばらくして大暴落が起き、15万円ほど注ぎ込んでいた彼は10万円以上の損失を出したと言っていました。そうした話を聞いた以上、私のなかで仮想通貨はおよそ投資対象にはならないと思っています。

最近1.jpg

友人も知り合いに勧められて購入したようですが、タイミングを間違えたかも、と言っていました。実際に利益を得た方も多かったらしく、もう少し早い時期に購入しておけば十分な利益を得られたかもしれないと嘆いていました。投資は運やタイミングも計らないといけないので日頃から様々な情報を得られるようアンテナを張っておくことも大切です。

確かに株や投資信託などに比べて上がり幅は大きいのかもしれませんが、いつ転ぶともわからない仮想通貨に自分の生活を委ねる気にはなりません。以前本田静夫の『私の財産告白』を読んだ時に投機ではなく投資をすべきであって、ギャンブルをしてはいけないということが書いてあった気がします。今の仮想通貨がどれほど整備されてきたのか分かりませんが、パチンコや競馬と同じで仮想通貨はギャンブルというイメージが私には今もあります。

今興味がある資産運用は、積み立てNISAを利用した楽天VTの長期積み立てと高配当株投資です。楽天VTにするかどうかはまだわかりませんが、来年から積み立てNISA口座に変更するので、年間40万円のインデックス投資を行う予定です。面白さは全くありませんが、手数料を抑えて1番成長に期待できるのはインデックス投資だと思うので、良い投資信託を見極めて来年から実行したいと思います。

もう一つ興味を持っているのが、高配当株投資です。私はSBIネオモバイル証券で単元未満株を20銘柄以上保有しており、それらは全て配当利回りが3%以上で全体では4%を超えています。さまざまな業種の株を保有することでリスク分散しつつ、高配当株の配当金に期待ができます。今はまだ規模が小さく10万円にも満たないですが、好景気不景気の相場をよく見て、少しずつ株数や銘柄を増やしていきたいと思っています。そしていずれ単元未満株が単元株になると株主優待も貰えるので、そこも楽しみの一つになっています。

Copyright © 最近の投資傾向について考える All right reserved. Design: Supermodne.